Frequently asked questions

More answers less confusion, We want to clarify you.

どうしてアメリカ式のデザインが必要なの?


アメリカに長く住んでいますと、アメリカの文化、習慣、思想、を肌で感じ取れるようになれます。また、ニューヨークでデザインの仕事に携わっていますと、アメリカ人の好みやデザイン、テック、マーケティングのトレンドが自然とわかるようになります。すると日本企業のデザインやマーケティングはアメリカ人好みのスタンダードから遠く離れていることに気づき、疑問を覚えました。アメリカ進出を目指すのであれば、アメリカ人受けするものを創造する、これがとても大切です。




どうしてブランディングが必要なの?


まず、優れたブランディングは企業価値を高めます。企業価値が上がれば、知名度も売り上げも上がります。
せっかく日本の素晴らしい技術や着眼点から生まれたビジネスがあっても、多くの日本の企業はその売り込み方を知りません。グローバルビジネスを目指すのであれば、アメリカのマーケットへの参入はビジネス拡大のために最適です。しかし、市場が大きいということはそれだけライバルも多く、あなたの会社の製品・サービスを効果的にアピールすることができません。そこで、まず、アメリカ人にも通用するデザイン性の高い独自のブランディングを使い、他者との差別化を図り、その高品質なブランディングをマーケティングにも落とし込んでいくことが大切です。 そこから自社のビジョンを発信し、顧客とのインタラクションの中から共感を得、同じような機能の中からでも選んでもらえるという、指名買いへと繋げます。このように、顧客の感情に働きかけることによって心理的価値を促進し、競合との差別化がよりなされるわけです。 またブランディングは組織強化や優秀な人材を集めることにも効果的です。あなたの会社のミッションやビジョンを明確にすることで、モーチベーションが上がり、生産性を高めることにつなげます。




B2B にブランディングは必要ないのでは?


ブランディングは今やB2Cだけのものではありません。B2Bでは購買決定までに多くの人が関わりたくさんの時間を要します。そこで競合との差別化を測るために、ブランディング強化をに力を注ぐ企業が多数登場しています。また一貫性のあるブランディングはマーケティングにおいてあなたの会社を広く深く印象付けるのに非常に効果的です。まずは、すべての受け皿となる貴社独自の魅力あるブランド構築から始めてみてはいかがでしょうか。




スタートアップなのでインハウスだけではデザイン業務をこなせない。


弊社のデザインサービスを通じて、貴社のニーズにあったカスタムデザインを提供します。




自社のインハウスのプロダクトデザイナーがブランディングもできるのでは?


できる場合もあります。でもそれは、プロダクトデザイナーさんの経緯や経験にもよります。しかし、プロダクトデザイナー の本業は、素晴らしいユーザービィティの高いプロダクトをデザインすることです。経営戦略のマーケティングとしてのコアとなるブランディングを作ることではありません。




ブランディングを刷新することによって会社の価値を上げることはできますか?


十分可能です。弊社のアメリカ企業様は、実際にその業界の大手にアクワィアされました。ブランド価値を上げることは、アメリカVC からのバイアウトや、IPO を目指す企業にとって重要であると私たちは考えています。




どうせなら似たようなビジョンをもっている会社と仕事がしたい。mihomiの企業理念は何ですか?


私自身がベンチャー的信念のもとこの会社を立ち上げました。日本とアメリカを繋ぎ、日本企業の皆様をサポートし、喜んでいただきたいというミッションを持って仕事をしています。




一般的な海外進出支援コンサルティング業者経由のブランディングではデザインが不安。


一般的な海外進出コンサルティング業者経由のブランディング、アートディレクション、グラフィックデザインでは、ありきたりなものしか得られません。あなたの会社独自の魅力や世界観を欧米に向けて発信する為には、ターゲットマーケットに沿った、デザイン性の高い、経営戦略としてのブランディングの構築が必要です。




アメリカのブランディングファームに発注してみたいけどハードルが高すぎる。


弊社のコアーメンバーは 100%日本人です。深いマーケティングリサーチや、アドバンスドテクノロジーを必要とするプロジェクトには 日本人以外の有能なメンバーも加わります。アメリカのクライアントを満足させたプロのデザイナーとしての長年の経験とスキルを生かし、貴社の独自性を引き出す 最高のブランディングの構築を目指します。




ネイティブな英語でのコピー作成に自信がないのですけど、、、。


せっかく素晴らしいプロダクトやサービスがあるのに、言葉の壁が邪魔をしてアメリカ人にそれをうまく伝えることができない、わかってもらえない。とても歯がゆいことですね。私たちも何度も経験をしております。 プロダクトやサービスを売るためのコピーライティングにはコツがあります。その専門性を理解しながら、そのベネフィットを、顧客に魅力のある文章で伝えることが大切です。弊社のバイリンンガルで優秀なコピーライターが、アメリカ人の心に突き刺さるネイティブ並みの英語で、貴社のマーケィングをサポートします。





Would you like to know more? 

Let's discuss